【詩】「蓬生(よもぎふ)」

「蓬生(よもぎふ)」

源氏が須磨にいるあいだ、愛人のひとり末摘花は忘れられ、援助も絶えて、屋敷は荒れ果て使用人は去っていた。
それでも末摘花は源氏を信じて待っていた。
そんななかでも昼寝をして、亡き父上の夢を見る。
そは、フロイトかビンスワンガーかあるいはハイデッガーか、そこへ源氏がやってきた。
いずれにしろ、と、ホワイトヘッドは言っている、
あらゆる知覚、あらゆる言説、あらゆる抽象概念に対応する正確な記号を、
内包した辞書は存在しない。
この章においてわたくしははじめてこの物語が、
ポルノでもなく千夜一夜でもない、
まっとうな人間の関係の物語だと、気づくのでした。
雨が降って雨が降って濡れた蓬が美しい、末摘花と呼ばれた女は自分というものをもった女でした。
源氏は彼女の家を普請し使用人も戻ってきて、やがて彼女は源氏の家に。
 たづねてもわれこそとはめ道もなく深き蓬のもとの心を
 年を経てまつしるしなきわが宿を花のたよりにすぎぬばかりか






スポンサーサイト



ノーベル賞学者山本伸弥氏からの緊急提言!

オリンピックの日付を決めてる場合か!

ノーベル賞学者山本伸弥氏からの緊急提言!


https://www.covid19-yamanaka.com/cont6/main.html








【詩】「澪標(みをつくし)」

「澪標(みをつくし)」

その昔大阪市の中心部は東京都の中心部と同じように一面の沼沢で葦が茂っていたそうです。
その葦に舟が邪魔されないように立てられた標識をみをつくしと呼んだんです。
その言葉にかけて「身を尽くし」、誰もが思いつく。
そんな舟に乗って私は、物語の男女の逢瀬を見物しています。
男、光り輝く帝すじ、女、わが身をみすぼらしく感じる明石の女。
そして私の名前は、新型コロナ。
水の中に溶けて待っていました、でも、私の寿命は短いんです、でも、私はすぐに生まれることができるんです、増殖も得意です。
「想定外」とは津波の規模ではなく、
まさにわたくしの登場でありましょう。
『世界はこうして滅びる』という本のなかにも、私の存在はありません、それこそまさに想定外。
志村けんはイタリア人と同じように袋に入れられどこかへ埋められたようです。
もう「現代詩」は書きようがないでせう。
 みをつくし恋(こ)ふるしるしにこゝまでもめぐりあひけるえには深しな
 数ならでなにはのこともかひなきになどみをつくし思ひそめけむ




【詩】「明石(あかし)」

「明石(あかし)」

ある本を探して本棚を見ていると、『吉本隆明全著作集1(定本詩集)』が埃をかぶってあった、はたして吉本さんはどんな詩を書いていたのか、
あわわ、いけね、いきなりキリスト教徒である。
このひとは、意外にも、キリスト教から出発したのかしら?
二十歳前後の頃、吉本さんちから直接雑誌『試行』を購読していた、
吉本さんが書いたらしい手書きの文字の封筒で来た。
書いてあることは私にはしちむずかしく、「状況への発言」だけがわかった、
毎号柄谷行人をけちょんけちょんに書いていた、あれも、なつかしい時間。
源氏物語の「明石」は、シェークスピアの『あらし』と『十二夜』を思わせる。
源氏が関係を持った女は、ドン・ジュアンの比ではないだろう、
これは藤原なにがしのために書いたポルノにちがいない。
あの時交わった女、明石の君への手紙を携えて、従者が明石へ帰っていく。
そのなにげない場面が美しく源氏の精液のことなど忘れてしまう。
 嘆きつゝあかしの浦に朝霧のたつやと人を思ひやるかな
 須磨の浦に心をよせし舟人のやがて朽(く)たせる袖をみせばや







【詩】「須磨(すま)」

「須磨(すま)」

架空の人物と実在の人物との間は、言葉が欠かせない、
または、過ちに罰が必要なのと同じだ。
源氏はそう自らに言い、須磨へ行く決心をした、まるで、
実在の人物のように、悲しみだけが地面に降りそそぐ。
いま、月の出を待って思いのたけを吐露したかと思えば、こんどは、
きみのことを思っている、欲望が雲のように月を覆うのだ。
きみとふたりっきりになりたい、いやそれはいけないと考えなおす。
また、ときには、海に流れゆく人形にわが身をかさね、
歴史に現れた亀裂の理解に苦しむ。
渋谷では若者がウイルスなんてかんけーねーと遊びほうけているそうだ、
そう、オレっちは軽い症状ですむしさー、死ぬのは年寄りだ、
そうですかね。そこはまだ都にすらなっていない、
 そこはまだ、石ころごろごろ、ヤブ蚊がぶんぶーん、だけど〜♪
 知らざりし大海(おほうみ)の原に流れきてひとかたにやはものはかなしき




山下晴代の「そして世界は泥である」

山下晴代

Author:山下晴代
小説『新リボンの騎士』(「すばる」集英社)ほか。
第一詩集『今はもう誰も杉村春子など知らない』(中原中也賞候補)
第六詩集『冬が来る』。すべての詩集は、製直.comで買えます。ご案内はHPに↓

http://www.mars.dti.ne.jp/~rukibo/

第7詩集『ねじの回転』発売中
https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=103866719

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR