【詩】「演出」

「演出」

高校で演劇部に入ってしまい、ベケットに出会ってから演出家になりたいと思うようになり、
大学でも演出を専攻した。以来、五十年近く演出について考えてきた。
ゆえに、なにを見るにも、演出という観点から見てしまう。
すると、多くのひとが絶賛している、『ファーザー』というイギリス映画が演出的欠陥が見え、
まったく面白くなかった。聞けば、
それは最初舞台であったという。脚本と演出を担当したひとの「自伝」であり、映画でも監督を務めているという。
ボケ老人の視点から、
現実の人物が、彼が認識しているように、
いろいろな人間と入れ替わったりして見える。
娘であった女優を、べつの女優が演じたり、
娘の夫である男優が、べつの俳優によって、
関係も夫から恋人へと変わって演じられる。
結局、オチは、主人公の男は、介護施設(といっても個室で、日本よりだいぶ条件がいい。アメリカ映画でも、老人ホームや施設は、日本より条件がいいように見える。それはだいたい心地よいホテルのようである)
「名優」アンソニー・ホプキンス演じる、アンソニーは、結局、介護ホームにいて、担当の介護士が、娘に見えたりしていた──ということである。その部屋の窓からは、すばらしい緑の公園が見え、自分を木に例えて老人は、「葉や枝がとれていって真っ裸になっていくようだ」という意味の、「印象的な」台詞を言う。
この映画を観た観客の多くは、自分がああなったらどうしよう、恐ろしい、と書いている。
私はそこまで感情移入できなかった。
なるほどこの映画は、同じ構造を持つ構成でも、舞台ならそれなりに魅力を発揮できたかもしれない。しかし、
これは、二次元の映画である。三次元の舞台ではない。
ひとはよく、そのあたりを混同して、ただ「物語」に引き込まれる。
まるで、三次元を描いている絵画と、写真を描いている絵画を、
同じように思い込んでいるように。
ひとは物語のまえに、空間感覚を失う。
どうようなことは、ベルクソンも示唆しているのではないか?
私はブログの、匿名の訪問者に、
「こんなこんな怖い映画を、『ボケ老人を美化している』というのは失礼にもほどがある」と書き込まれた。
失礼にもほどがあるのは、どっちだ?
自分と違う意見の見知らぬ他人をいきなり責めるのはどうかしている。
ことほどさように、
ひとは、「物語」の前で感覚を狂わせていく──。

 三代の栄耀(ええう)一睡(いっすい)の中(うち)にして、大門の跡は一里こなたに有。秀衡(ひでひら)が跡は田野(でんや)に成(なり)て、金鶏山(きんけいざん)のみ形を残す。
 芭蕉みずからを「放浪歌人」と演出す。



スポンサーサイト



『ファーザー 』──ただのボケ問題を美化しているだけ(笑)(★)

『ファーザー』(フロリアン・ゼレール監督、2020年、原題『THE FATHER 』)


 この映画が作られたのは、2019年、おそらくパンデミック騒ぎになる寸前と思われる。すでにして旧世界である。今でこそ、認知症などという病名が大手を振って歩いているが、昔から「ボケ」は誰にでも、どこにでもあった。その場合、本来の性格が強調されて出てくる。エロ爺はさらなるエロに走って病院のおばーちゃんのベッドのなかにも入り込む。怒りっぽいひとはさらに怒りっぽく、ケチな人間はさらにケチに。この映画の老人は、やはり性格がそれほどよくなかった。それで周囲の人々を「むかつかせる」。

 はいはい、アンソニー・ホプキンスさん、あんたの演技がうまいってことはわかりましたよ。日本の家庭でもどこにでもある「ボケ老人」の問題を、意味ありげなオペラだかなんだかを背後に流し、「崇高そうに」演出している。だけ。はっきりいって、目新しいものはなにもなく、何度も寝落ちしそうになった。映画の撮影はパンデミック前で、アカデミー賞はパンデミック後。すでにして、なにか大きく変わってしまった……ような。こんなジジイやババアが「活躍する」(笑)映画しか、「残っていなかった」のかしら? てな、時代。

 

 

 

 

【短編を読む】「横光利一『微笑』(四百字詰76枚程度)──死がまだ美しかった時代

【短編を読む】「横光利一『微笑』(四百字詰76枚程度)──死がまだ美しかった時代

 

 昭和231月に「人間」に発表されたが、横光は22年に死んでいる。終戦寸前の、秘密兵器開発に携わるある青年との出会いを描いているが、その青年は天才で、軍に特別の扱いを受け、殺人光線のような光線の開発に携わっている。若くして、軍の位の中尉となっている。話者=梶と、俳句の友人を通して紹介された、その青年との交渉が、内面的かつ心理分析的に描かれるが、その青年の微笑の美しさを強調したものである。青年の言うことは、庶民生活とはあまりにかけはなれていて、梶は、それは夢か狂気かと疑う。が、やがて、すべてのものが死に包まれていく。時代状況が、コロナ禍の今の時代と重なり合う。甘美な死の横顔。しかし、いまの時代、ここまで状況と精神を描出できる作家はいない。教養も文学力も足りない。せいぜいが、自分の生活の範囲を描写してみせるのみである。



 

【詩】「Jane Birkin/Serge Gainsbourg "Je t'aime moi non plus"( 1969.5.4)を聴きながら」

Jane Birkin/Serge Gainsbourg "Je t'aime moi non plus"(

1969.5.4)を聴きながら」

 

Oooo...eh....

Je t'aime je t'aime je t'aime...

moi non plus

O mon amour 

entre mes reins

イギリス女バーキンほどフレンチガールを体現している女はいない。

早く、早く、早く、股のなかに入って!

と当時のカレ、ゲンズブールにささやいている。

なんと力強いささやき!

ほとんどわめいている「つぶやき」がはやりの昨今ではあるが

コーヒーに砂糖は入れない・これ以上人生を甘くしたくないから

ってな文をAmazonで読んだ。

某詩人の詩集の予約宣伝だった。

ばかやろ。

ちんけな比喩(?)のようなもので

エツにいってやがら

日本の「現代詩」界はかくも甘い

ゆるゆるになっている。

バーキン・ゲンズブールの「本番」デュエットすら

できないくせに

いくら隠しても逃げても

パートナーが

自死した時点で

そいつの人生は終わっている

ことに自覚的なら、せめて

「コーヒーに覚醒剤はいれない」とか

40年くらい接触したことはないが

なぜか私から逃げまくっている「詩人」がいる

なんで? もしかして私の名前が誰かの名前に見える?

私はその「詩人」には興味はないが

たまたま「所業」が眼に入るとなにか言いたくなる

もしかして誰かが、そうさせる?

魂のようなものが

舟の上に生涯をうかべ

江碧鳥逾白

山靑花欲然

今春看叉過󠄁

何日是歸年*

江は碧(みどり)にして鳥は逾(いよいよ)白く

山は青くして花は燃えんと欲す

今(こ)の春も看(ま)のあたりに又過ぐ

何(なん)の日か是(こ)れ帰る年ぞ

jiang bik niao iu bok, shan ching hua juk ran

(コウ ヘキ デウ ユ サン セイ クワ ヨク ゼン)

Oooo...je t'aime je t'aime je t'aime...

moi non plus

entre mes rein !

Vite vite vite...!


******


*杜甫、絶句二種の訳は、吉川幸次郎




『Mr.ノーバディ』──コロナ以後は介護老人にもご用心!(笑)(★★★★★)

Mr. ノーバディ』 (イリヤ・ナイシュラー監督、 2021年、原題『NOBODY 』)


「さえない地味な中年男がキレて……」と映画サイトの説明にあるが、それはちょっと違う。そういう方が今の人々の関心を誘いやすいのだろうか? 本編は、初めから、タイトル通りの「ノーバディ」(「ノー「ボ」ディ」のタイトルだと、別の映画がいくつもある」)と、「某組織」に登録されている男が本性を現す物語で、類似の作品では、トム・クルーズやデンゼル・ワシントン、マット・デイモンなどが演じた、凄腕の殺し屋的な一匹狼が活躍する、そんな作品を思い出させる。

 しかし、いかにも今の時代にぴったり来るのは、主人公の男が、「アラカン」(60歳前後)で、バスに乗り込んできたチンピラ集団からは「ジジイ」と呼ばれるお年頃であることだ。しかし、このジジイの凄腕さかげんが、これまでのどんなヒーローよりも「凄い」のである。どんなスパイのヒーローもまず無理な脱出を、このジジイはしてみせる。これまで見たことのない「テク」を持っている。しかも、どんな武器もお茶の子さいさい。しー・かー・もー、このジジイのダッド、介護施設に入っているが、ロシアンマフィアから狙われ、事件がだんだん大がかりになると、アラカンジジイは、そのダッドにスマホでぼそぼそ、なにかを連絡する。ジジイのオトッツァンである、大ジジイは、テレビを見ながら、安楽椅子でうとうと思いきや、忍び込んだマフィアどもを、ショットガンで木っ端みじん。「ほんとはこれがいちばん元気になれる」と、介護老人。

 で、まー、なんちゅうか、これからの映画だと思います。主役も、よい映画に出ててはいたが、脇役だった、オンデークみたいな名前の俳優が飛び出してきた。端正で地味な風貌が、トム・クルーズやマット・デイモンみたいに、派手なアクション顔してないところが、「コロナ以後」を期待させる。場面を音楽で区切って表現しているところも面白い。介護施設で大暴れする大ジジイは、『バック・トゥ・ザ・フィーチャー』のクリストファー・ロイドが演じている。



 

 

山下晴代の「そして現代思想」

山下晴代

Author:山下晴代
小説4作(『すばる』集英社)
第一詩集『今はもう誰も杉村春子など思い出さない』(中原中也賞候補)
第11詩集『張込み』。(2020/12/24刊)
https://www.seichoku.com/item/DS1038611013
ホームページ↓
http://www.mars.dti.ne.jp/~rukibo/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR